育毛安心ガイド

育毛を真剣に考えるときには、毛の生え変わりのサイクルや、頭皮の健康な状態についての認識はとても重要となります。

育毛も病院の治療として行う時代

髪はおおよそ2年から3年で抜けていきます、ですから一日に100本の抜け毛があってもそれは自然なことで、見えないところで同じように100本の新しい毛が生れてきているのです。

これが、100本抜けて95本しか生えてこなければ大変なことになります。

たった5パーセントの違いですが、毎日のことですから、1ヶ月から2ヶ月もすると最近、抜け毛のほうが多いのではないかと気がつくくらい薄毛が気になるようになるのです。

不思議な話ですが、100本抜けたり150本抜けたりしても、普通の人の場合には髪の増減が気になることはありません。

髪の毛は生えている量のほかに、休んでいる髪もあります。

つまり、抜けた髪はすぐに新しい毛となって生えてくるのではなく、一旦、1年から2年と休眠期間に入るのが普通なのです。

ですから、毛穴があったとしても、その中で毛母細胞は休眠中になり、ある程度の期間を経てからまた髪を生やすのです。

育毛を真剣に考えるときには、毛の生え変わりのサイクルや、頭皮の健康な状態についての認識はとても重要となります。

無闇やたらに育毛剤を使っても、効果がないばかりではなく頭皮への負担を強いるだけの場合もあります。

頭皮の健康が保たれて、初めて健康な髪が生えてきます、無理に頭皮に刺激を与えることや、たくさんの種類の育毛剤を使うことの弊害についても理解を深める必要があるのです。

最近では育毛も病院の治療として行う時代です。

育毛対策を考えている方には、こちら【抜け毛・育毛のためのシャンプー、育毛剤の「選び方」と「使い方」】の記事をおすすめします。

正しい知識を持って育毛法を行うことが、薄毛対策の第一歩です。

Theme author: http://thememotive.com. Engine: http://wordpress.org.